MENU

不動産会社に任せるだけでなく自分でも必ず情報収集を!

不動産を売るという経験は、不動産業者やプロの不動産投資家でもない限り、人生でそうそうあることではありません。

 

ほとんどの人が人生初体験だと思います。つい不動産屋に丸投げしてしまいがちですが、大きな金額が動く取引だけに、自分でも最低限の知識は身につけておく方が賢明です。

 

一例として自宅を売る場合を考えてみると、まず住み替えについてきちんと計画をたてておく必要があります。

 

いつまでに家を売る必要があるのか、いくらで売りたいのか、新しい家をいつ買うのか、資金はいくらかかるのか・・・チェックポイントは多数あります。

 

60秒簡単一括査定はコチラ

 

不動産を売却する流れ

 

不動産を売る理由にもよりますが、急いで住み替える必要があるのか、数年以内等余裕があるのかで、動きも大きく変わってきます。

 

売却の流れとしては、まず相場を知ることが大切です。今はネットで簡単に情報収集ができますし、概算を無料査定してくれるサービスも多いので上手に活用してください。

 

周辺の相場を調べ、売却額の大体の上限・下限を把握しておくことで、不動産屋の査定についても妥当かどうかが判断できます。

 

同時に売却のパートナーとなる不動産会社を探します。物件の査定を依頼する場合は一社だけではなく、複数の会社に依頼をしてよりよい条件を出すところを探すことになりますが、査定の金額面だけではなく、実績、ノウハウや真摯な対応かどうか、気持ちよくつきあえるかどうか、といった部分まで検討する必要があります。

 

そのためには不動産屋自体の情報や口コミなどもチェックしましょう。また売却のための各種書類なども用意しておきます。

 

 

不動産会社との媒介契約

 

査定額に納得したら、その不動産会社に仲介を依頼し媒介契約を結びます。媒介契約の形態としては「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類があり、それぞれメリット・デメリットがあるので検討して選択してください。

 

その後不動産が売り出され、物件情報を開示することで購入希望者への内覧対応などが必要になります。無事購入者が決まり売買条件に合意したら、買主と売買契約を結びます。

 

抵当権抹消、所有権の移転等の登記申請を行い、不動産を引き渡して完了、というのが不動産を売る際の大まかな流れです。

 

個々のケースで事情は変わってきますので、都度確認を行ってください。

 

60秒簡単一括査定へGo >>>