MENU

個人では難しかった不動産投資を身近にはじめられる金融商品「J-REIT」

「不動産投資信託」は、投資家から集めた資金を投資組織がマンションやオフィスビル、商業施設・店舗などの不動産に投資し、賃貸収入や売却益等を投資家に配当する仕組みの投資信託です。

 

英語表記の「REIT(Real Estate Investment Trust、リート)」は、紛らわしい単語が多いので、「不動産を運用対象にした投資信託のことをなんという?」というクイズにもなっています。

 

J-REITについて

 

「不動産投資信託」は、1960年代にアメリカ合衆国で導入されました。日本では国内法に準じて日本版REITの「J-REIT」が行われており、「REIT」といえば通常日本版を指す場合もあります。「J-REIT」は、投資組織自体は投資判断を行わず、外部に委託するのが米国版「REIT」との違いとなっています。

 

「J-REIT」は収益の大半が投資先不動産の賃料等なので、他の投資信託と比較して、安定しているので、リスクが小さいと考えられています。そのためリスク分散のための投資先という役割を担う場合もあります。

 

ただし、株式投資信託や公社債投資信託とは異なるリスクがあるので、購入を検討する場合、商品特性等をしっかり見極める必要があります。

 

J-REITのリスク

 

具体的なリスクとしては、該当不動産の賃料収入が低下すると、利回りが低下し、予想利回りを確保できない場合があることや、地震など該当不動産物件の損壊等による分配金や価格の低下などが考えられます。

 

借入金の多い不動産投資信託の場合、金利が上昇すると利払い負担が増え、結果的に利回りが低下する場合もあります。

 

一方メリットとして、通常不動産へ投資するためには、多額の資金が必要になりますが、「J-REIT」なら少額からでも手軽に始められます。また複数の不動産への分散投資が可能なので、リスク分散が行えます。

 

利益のほとんどを投資家に分配する仕組みになっているのも魅力ですね。不動産投資の専門家によって運営されているのも安心です。

 

「J-REIT」は不動産投資に興味があるが資金が足りない、という方にお薦めの投資信託となっています。