MENU

高額な買い物、情報収集をしてしっかり条件検討を!

投資目的で購入するプロは別として、一般の人にとって「マイホームを買う」というのは、一生の中で一番高い買い物だと思います。

 

またそこに一生住む可能性が高いので、買う時にはしっかり必要条件を確認しておく必要があります。金銭面でも金利含め長期間にわたる取引となるので、慎重を期したいですね。

 

マイホーム物件の販売形態は「分譲」と「仲介」の2つがあります。「分譲」は不動産会社が売主で、そこから直接もしくは販売代理を通じて購入するケース、「仲介」は売主から不動産会社が仲介依頼を受けている物件を購入するケースです。

 

家の購入を検討してる場合

 

家を買う場合、まず住みたい地域や住宅の種類、広さや間取りなど希望条件にそって物件を探すことからはじまります。

 

住まい探しはネットでの検索や新聞などの折り込み広告、不動産会社の紹介、またモデルハウスなどで情報収集を行います。この場合、検索条件が明快なほど希望にあった物件を探しやすくなります。

 

また逆に「資金が足りない」「エリアを変えた方がいいかも」といった修正ポイントも明確になります。優先順位をつけて「これだけは譲れない」というポイントを押さえておくと探しやすいと思います。

 

希望する不動産の相場を調べ、手元資金や住宅ローンの借入可能額などと見合わせて、予算の目安を立てることも大切です。

 

また購入金額以外にも必要となる諸経費や、住宅ローンの金利、毎月の返済額などについても試算しておくと、購入できる物件イメージがより具体的になります。

 

希望物件が決まったら

 

希望物件が決まったら、不動産会社等に購入の申し込みを行い、不動産会社の担当者から購入物件に関する重要事項の説明を受けます。申込証拠金が必要になりますが、これは売買契約に至らなければ返還される性格のものです。

 

説明を了解したら売買契約を結びます。契約内容は最重要なのでしっかり確認してください。

 

多くの場合、一括で支払うことは稀なので住宅ローン契約が生じると思いますが、契約前に金融機関と保証会社による審査を受けて、融資が承認されていることが必要です。物件の引き渡しをうけ、引っ越しをして完了です。

 

あとはローンの支払いやメンテナンスなどが引き続き生じて行きます。購入物件や個々人の事情で段取りは変わるので、詳細は不動産会社に相談してください。